鏡に映っているのが自分とは知らない

犬は鏡に映っている犬が自分とはわからないそうです。だから鏡に映る自分に向かってワンワンワンワン吠えたり威嚇したりするそうです。すぐに目をそらしたりするのも「喧嘩したくない」というサインで、争いを避けようとしているそうです。誰だ! とは思っているようです。お尻を床に擦り付けて歩いているのは、お尻がムズムズしているからだそうです。単純にかゆいということのようです。このような場合はお尻が赤くなっていないか、うんちがついていないか見てあげたらいいそうです。また肛門腺が溜まっている場合もあるので絞ってあげるといいそうです。寄生虫がいる場合もあるので病院に行く必要もあったりするそうです。犬は可愛いので人間のような気持ちがあると思ってしまいがちですが、犬は犬なりのサインがあるので見逃さないようにしたほうがいいようです。人間と犬の関係は長くて深いものがあると思います。犬の祖先の狼の骨と人間の骨が1万年前の地層から発見されているそうです。どうして人間と狼は共生を初めたのかというと、狼が食事を求めて、人間の居住区にある残飯に目をつけたことが始まりといわれているそうです。これには諸説あるそうです。狼の残飯処理能力と危険察知能力は人間にとってとてもありがたいものだったそうです。そして人間は狼を犬として飼うことになったそうです。狼の中でも人馴れしている個体を家畜化したそうです。こうして始まった人間と犬との共生ですが、犬の能力の高さを狩りや牧羊などに生かすようになったそうです。その能力をより高めるために交配を行って、犬の進化に手を加えたそうです。犬種によっては運動能力が優れたもの、知能が高いもの、従順なものとさまざまに生まれていったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です