柴犬が吠えるのは仕事のひとつ

柴犬というのはよく吠えるので有名だそうです。番犬として、それから不審なものから縄張りを守るための警戒吠え、それから要求吠えというものがあるそうです。こういった吠えを改善するのは飼い主さんの方でルールづくりをしないといけないそうです。チャイムが鳴ったらクレートに入るというようなことを教えたらいいそうです。要求吠えではご飯が食べたいとか遊んで欲しいということだそうです。これに関しては応じてやるか無視するしかないそうです。犬で病院が好きな子はいないと思いますが、体をベタベタ触れられたり、掴まれたりするのが嫌いな柴犬は病院が大嫌いという子が多いそうです。健康だと問題はないですが、注意する病気もあるそうです。ワクチンの接種や健康診断といったことなど健康でも病院に行くことはおおいかと思います。おやつなどを与えながら少しずつでも病院に慣らした方がいいそうです。柴犬が注意したい病気があるそうです。アトピー性皮膚炎。これは花粉、ハウスダスト、ダニなどのアレルゲンを吸入することで起こるそうです。体にかゆみが出て頻繁にかくようになったり、皮膚が赤くなったりするそうです。膝蓋骨脱臼というもので、ひざのお皿の膝蓋骨が、先天的な要因や落下事故などによって脱臼するというものだそうです。足を上げたまま歩いていたり、内股で歩くということがあるそうです。白内障もあるそうです。先天性のものだったり、加齢によるものだったりするそうです。目の中の水晶体が白く濁る病気だそうです。視野が狭くなったり、放置すると失明してしまったりするそうです。僧帽弁閉鎖不全というのがあるそうです。8歳上の老犬によくみられるそうです。完治が困難だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です