柴犬がお尻を振るのはなぜ

柴犬が上半身を伏せてお尻を高く上げて、耳を倒してしっぽをふるという動作をするのは、相手を遊びに誘うときなのだそうです。「プレイングバウ」というものだそうです。柴犬は特にお尻までプリプリと振るそうです。プレイングバウというのは、主に犬同士がコミュニケーションを取るときに見られる行動だそうです。仲が良い犬同士ならば「遊ぼう!」という軽い挨拶となるそうです。犬は遊ぶのが大好きだそうです。訓練などをしているときも、犬にしてみれば遊びの延長だったりするそうです。また柴犬は人間を相手に目を細めてニッコリと笑ったりする子もいるそうです。これは「プレイフェイス」というものだそうです。人間の笑顔を真似ているそうです。い「あなたと仲良くなりたい」という表情なのだそうです。こちらが喜んでいるということがわかるともっと見せてくれるそうです。にっこりと犬が笑うとこっちも嬉しくなります。お互いが嬉しくなるということのようです。柴犬を飼ったらお互いにニコニコして幸せそうですね。犬が自分の尻尾を追いかけてくるくる回っている時があるかと思います。あれは、ストレス解消のためにやっているそうです。追いかけると必ず逃げるのがしっぽのよいところかと思います。ふにゃふにゃ動いているしで、犬には格好のおもちゃとも呼べるかと思います。柴犬はとくにこの「追いしっぽ」をするのだそうです。理由は様々あるそうです。しっぽが目に入りやすいということもあるそうです。柴犬のしっぽは太刀尾とか差尾とか巻き尾とかいう形状で目に止まりやすいのだそうです。しっぽが垂れていたり、短い犬種だと、しっぽを追ったりする子は少ないそうです。しっぽを追いすぎて傷をつける犬もいるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です