手のかからない犬は丈夫でもある

日本犬というのは、交配されていないということもあって、人間の手がいらない犬種ともいえるそうです。犬を飼っているとトリミングに連れて行ったりする人も多いかと思います。可愛いカットをするために行く人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合は、毛を刈ることが命に関わってくるということもあって、連れて行くかと思います。プードルは毛がどんどん伸びていく犬種だそうです。定期的なカットをしてやらないと、大変なことになってしまうそうです。また自力で出産ができない犬種もあるそうです。帝王切開が必要となるのがほとんどの犬種もあるそうです。それは人間によって改良をされたことで起こったりすることでもあるそうです。先日も、盲導犬に向いている犬を作るために交配をしたという人が後悔の談話を発表したそうです。盲導犬に向いているということで生み出された犬種なのだそうで、賞も取ったりしたそうです。けれど、本当は盲導犬に向いていなかったとか、寿命が短くなってしまったとか、いろいろなことが起こったそうです。性格も性質も人為的に作るということができるそうです。ただ、すべてが良い方向に向いているかどうかはわからないかと思います。ブルドッグが暑い暑いと散歩中にあえいでいる姿を見ると微笑ましいですが、それも人為的な改良があったというのを考えると複雑な気持ちがするかと思います。日本犬は人間による改良がされていないそうです。そのため、日本の四季にあったようなカラダに自然と順応してきたそうです。換毛だったり、足腰が丈夫だったり、蒸れにくい顔とったところが自然に作られたそうです。病気も少ないのも、人間の手がいらないタイプの犬種だからだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です