便秘

犬猫にも便秘はあります。なかなかうんちをしてくれないと心配な場合には、次のような原因を検討し、獣医師の指導の下で改善していきましょう。原因として考えられるものとしては、食事に含まれている骨が多すぎる・被毛の摂取・食物繊維が過剰・運動不足・肥満・腎疾患及び軽度の脱水症・重度の関節炎などによる移動困難・利尿剤や抗ヒスタミン薬等の薬剤に起因する場合・直腸や肛門の疾患・外傷・脊髄疾患・猫の巨大結腸症といった事があげられます。このように原因は大小様々考えられますので、根本原因を特定する為にも問題を獣医師に調べてもらう事が非常に重要だと言えます。まずもって大切なことは根本原因に対処する事です。例えば高齢のペットであっても無理のない範囲で運動量を増やすなどの工夫をしましょう。日常的な事であれば飼い主にも出来る事です。犬の場合、毎日同時刻に短時間の散歩を行うと良いでしょう。そうする事で排泄を促す事に繋がります。猫の場合だと、頻繁にトイレに行くようにさせるためにも、大変ではありますがトイレに一点の問題もないようにしてください。また、食事や運動の時間を一定にする事によって、規則正しいな排便を促していきましょう。水分の多い食物を与える事によって、十分な水分摂取を促しましょう。犬の食事には。野菜や果物を多く含む食事を与えてあげてみると良いでしょう。食事中の繊維質と水分の両方を増やす事が可能です。食事に含むべき繊維質の目安は7~15%だとされています。食事には毎日大匙1~4杯以上の加熱したかぼちゃを加える等工夫してみましょう。スープを利用して水分摂取を促進してあげるのも良いでしょう。猫の場合は、大匙1/2杯の潰したかぼちゃを食事に含めて水を追加してあげると良いと思います。他にも必要に応じてサプリメントを用いると言うのも手かもしれません。かかりつけの獣医師に相談してみるといいでしょう。

一般的なガイドライン

最も重要な事は、診断を得る事だと言えるでしょう。これは10分15分間の獣医師の診察ではなし得ません。特に問題が長引いている場合には尚更です。完全な病歴聴取や皮膚掻爬、その他の検査が出来るように十分な診察時間を予約するか、或いは皮膚科を専門としている獣医師への紹介を依頼しましょう。また、複数の寄与因子が同時に発生する可能性も認識しておく必要があると思います。皮膚の症状というのは、よく似ているものも多いですから。これらの因子の中のどれかを取り除く事が出来れば、健康を改善したり症状を軽減する事が出来るのです。従って、皮膚疾患を改善するような栄養が含まれた理想的な食事は、健康を改善すると言えます。皮膚病や甲状腺機能低下の遺伝歴と同様に、慢性ストレス(身体的・精神的・情緒的)や不適切なワクチン接種が健康に影響を及ぼす場合があります。また、軽度の腸内毒素症や食物不耐症・毒血症(血液中に毒素が入る事)単独では症状は明白でないかもしれません。しかし、不適切な食事や不安・薬物の長期使用・ワクチン接種・環境汚染への曝露など、複数の因子が同時に発生すると、身体というのは過負荷状態や不健康な状態、延いては疾患に陥ります。1つ確かなのは、慢性皮膚疾患がすぐに治癒する事はないという事です。1年以上続いた病状には、治療に約3か月は要すると考えて頂きたいのです。

仔犬を迎える心構え

仔犬を迎えた飼い主さんは、その可愛さに遊びたくなる気持ちが抑えきれないとは察しますが、まず、初めて仔犬を迎えた1日の当日には、仔犬が新しい環境に慣れる為にも、しばらく様子をみる形で、サークルなどの中に入れ、仔犬本人の好きなように過ごさせてあげましょう。翌日から、仔犬が環境に慣れ始めた様子がありましたら、休み休み遊びましょう。仔犬にとって、寝る事も健康で成長する為のお仕事です。長時間、抱っこしつづけたり、追い回していると知らず知らずのうちに、仔犬に疲労がたまってしまったり、ストレスが蓄積してしまいます。遊びと休息にインターバルをはさむ形で、1日分の食事を小分けにして分割して与えます。

手のかからない犬は丈夫でもある

日本犬というのは、交配されていないということもあって、人間の手がいらない犬種ともいえるそうです。犬を飼っているとトリミングに連れて行ったりする人も多いかと思います。可愛いカットをするために行く人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合は、毛を刈ることが命に関わってくるということもあって、連れて行くかと思います。プードルは毛がどんどん伸びていく犬種だそうです。定期的なカットをしてやらないと、大変なことになってしまうそうです。また自力で出産ができない犬種もあるそうです。帝王切開が必要となるのがほとんどの犬種もあるそうです。それは人間によって改良をされたことで起こったりすることでもあるそうです。先日も、盲導犬に向いている犬を作るために交配をしたという人が後悔の談話を発表したそうです。盲導犬に向いているということで生み出された犬種なのだそうで、賞も取ったりしたそうです。けれど、本当は盲導犬に向いていなかったとか、寿命が短くなってしまったとか、いろいろなことが起こったそうです。性格も性質も人為的に作るということができるそうです。ただ、すべてが良い方向に向いているかどうかはわからないかと思います。ブルドッグが暑い暑いと散歩中にあえいでいる姿を見ると微笑ましいですが、それも人為的な改良があったというのを考えると複雑な気持ちがするかと思います。日本犬は人間による改良がされていないそうです。そのため、日本の四季にあったようなカラダに自然と順応してきたそうです。換毛だったり、足腰が丈夫だったり、蒸れにくい顔とったところが自然に作られたそうです。病気も少ないのも、人間の手がいらないタイプの犬種だからだそうです。

仔犬のフードと危険な食品

仔犬の時期の食事と、成犬になってからの食事のカロリーを比較すると、仔犬の時期の方が1日分の総カロリーは、高めになります。また栄養素も、順調な発育を促す為には、毎日の食事として必要不可欠となります。消化器官が未熟な仔犬の時期は、消化吸収を考えた食事が望ましい為、ドライフードを使用するような場合は、ぬるま湯でふやかした状態で与えます。この場合、便の硬さや状態をみながら、水分量の調節なども行う事ができます。仔犬の時期は、床に落ちているものをみつけては、興味をもって舐めたり齧ったりする危険性がありますので、輪ゴムやピン、ネジなどの落下物には注意が必要です。危険物を誤飲してしまう事も大変、心配なこうどうの1つではありますが、その他にも、日常的に飼い主さんが口にしているもの、例えばチョコレート菓子や、レーズン、ネギ類などは、犬たちにとって危険な食品となります。場合によっては、命を落とし兼ねない場合もありますので、食べ物を、犬の出入りする可能性のあるリビングなどに放置するような事は控えましょう。

犬の服と気持ち

飼い主の自己満足を目的として服を着せられた犬は、どのような気持ちを抱くものなのでしょうか。真実は分かりませんが、小型犬の様子からは喜んでいるように推察できます。犬は喜怒哀楽を隠す動物ではありませんから、あの喜びようは間違いないように思います。ただその喜びが服そのものに対する感情なのか、それとも自己満足している飼い主を見てのリアクションなのかは、正直に申し上げて分かりません。そこまで気にされるようであれば、無理に着せない方が無難でしょう。ところで気になっている人もいるかもしれませんが、服を着せられた犬の中には、じっと動かなくなってしまう犬種もいます。この行動には何か意味があるのでしょうか。服を着せた途端に嫌がる素振りを見せたり、逃げ出してしまったりすれば飼い主としても分かりやすいのですが、ただじっとしているだけではその気持ちを推し量ることが出来ません。専門家によれば、固まる原因の一つは服による動きの制限なのだそうです。犬は服を便利な道具として認識しておらず、言わば動きを制約する指示器だと考えているようなのです。そのため、身体に密着するタイプの服を着ると、その指示を守ろうとして固まるというわけです。この現象はオーバーオールタイプの服でなくても発生するため、犬にとってはかなり敏感に感じ取れる領域の問題であることが分かります。そしてもう一つの原因は、違和感を覚えると自動的に固まる仕組みにあります。犬は経験したことのない状況に陥ると固まってしまうことがあります。それは快不快に関わらず、困惑すれば生じます。もちろん個体差がありますから動揺して走り出す犬もいますが、多くの犬は状況把握に努めようとして固まるのです。違和感が強ければご飯にすら反応しなくなることもあります。

盲導犬の一生を学ぼう

静岡県の富士山のふもとに、盲導犬を育成するセンターがある事を知ってから、そのセンターに行ってみたい気持ちと、盲導犬に対する興味が大きく湧き上がりました。盲導犬は、介助犬、聴導犬と同じように、人間の生活をサポートしてくれる補助犬の一種であると言われています。補助犬とは、障害のある人々の暮らしを支える特別な訓練を受けた犬たちの存在であり、法律においても働く犬として工場施設、店舗への出入りや、交通機関への乗り入れが認められているような犬たちになります。なかなか、巷でその姿がお目見えしないのは、日本国内で育成され活躍している補助犬の頭数の少なさが所以しているとも言われています。全国において、活躍している補助犬の頭数は、1000頭ほどであり、その中での盲導犬の頭数は、900前後、介助犬が50頭前後、聴導犬が50頭前後などと言われています。補助犬の育成や訓練には、多くのボランティアや寄付が集う事で支えられているようです。このような取り組みが、社会の取り組みとして貢献していくには、その認知度が大きく必要とされているのではないかと考えています。2006年にオープンした、盲導犬とユーザーのケアを目指して設立されたセンターでは、一般の見学も可能であり、盲導犬の一生を学べるような施設となっているようなので、機会があれば足を運んでみようと考えています。

柴犬がお尻を振るのはなぜ

柴犬が上半身を伏せてお尻を高く上げて、耳を倒してしっぽをふるという動作をするのは、相手を遊びに誘うときなのだそうです。「プレイングバウ」というものだそうです。柴犬は特にお尻までプリプリと振るそうです。プレイングバウというのは、主に犬同士がコミュニケーションを取るときに見られる行動だそうです。仲が良い犬同士ならば「遊ぼう!」という軽い挨拶となるそうです。犬は遊ぶのが大好きだそうです。訓練などをしているときも、犬にしてみれば遊びの延長だったりするそうです。また柴犬は人間を相手に目を細めてニッコリと笑ったりする子もいるそうです。これは「プレイフェイス」というものだそうです。人間の笑顔を真似ているそうです。い「あなたと仲良くなりたい」という表情なのだそうです。こちらが喜んでいるということがわかるともっと見せてくれるそうです。にっこりと犬が笑うとこっちも嬉しくなります。お互いが嬉しくなるということのようです。柴犬を飼ったらお互いにニコニコして幸せそうですね。犬が自分の尻尾を追いかけてくるくる回っている時があるかと思います。あれは、ストレス解消のためにやっているそうです。追いかけると必ず逃げるのがしっぽのよいところかと思います。ふにゃふにゃ動いているしで、犬には格好のおもちゃとも呼べるかと思います。柴犬はとくにこの「追いしっぽ」をするのだそうです。理由は様々あるそうです。しっぽが目に入りやすいということもあるそうです。柴犬のしっぽは太刀尾とか差尾とか巻き尾とかいう形状で目に止まりやすいのだそうです。しっぽが垂れていたり、短い犬種だと、しっぽを追ったりする子は少ないそうです。しっぽを追いすぎて傷をつける犬もいるそうです。

頑固な犬の頭の中はどんなことに

楽しい散歩の最中に断固として動かなくなる犬いるかと思います。急に座り込んで全っく動かない。柴犬はそんな犬の中でも特に頑固なのだそうです。とにかく行きたくないとなると踏ん張って動かないという子が多いそうです。この行動は「そっちは行きたくない」という意思表示だそうです。ほとんどの場合、道の先に犬にとってとても怖いものがあるのだそうです。例えばバタバタと音を立てるのぼり旗ということもあるそうです。マンホールの蓋の上を歩いたときに気持ち悪かったとか、大きな音がする工事現場といこともあるそうです。人間からすると、大したことがなくても犬にとってはとんでもなく不快だったりするそうです。他の犬に吠えられたということもトラウマになっていたりするそうです。また、「抱っこして」という意思表示だったりもするそうです。以前にそうやって頑固にしていたときにおやつをもらったことを覚えていたりということもあるそうです。調子のいい犬もいるのですね。柴犬と暮らす飼い主さんにとって「吠える」ことがとても大変なのだそうです。問題行動として吠えるということですが、チャイムの音がしたら「ワン」、初対面の人に「ワンワン」と吠えるかと思います。実際に他の犬種に比べてもよく吠えるのだそうです。これはある意味で仕方のないことだそうです。縄文時代から番犬としての役割が与えられていたわけなので、不審なものに吠えてご褒美をもらっていたそうです。吠えることが仕事のようなものだったそうです。猟では獲物を追い込むために吠えていたと思いますし、吠えて当たり前のようです。もうひとつ吠える理由として、警戒吠えとうものがあるそうです。縄張りを守るためだそうです。

柴犬が吠えるのは仕事のひとつ

柴犬というのはよく吠えるので有名だそうです。番犬として、それから不審なものから縄張りを守るための警戒吠え、それから要求吠えというものがあるそうです。こういった吠えを改善するのは飼い主さんの方でルールづくりをしないといけないそうです。チャイムが鳴ったらクレートに入るというようなことを教えたらいいそうです。要求吠えではご飯が食べたいとか遊んで欲しいということだそうです。これに関しては応じてやるか無視するしかないそうです。犬で病院が好きな子はいないと思いますが、体をベタベタ触れられたり、掴まれたりするのが嫌いな柴犬は病院が大嫌いという子が多いそうです。健康だと問題はないですが、注意する病気もあるそうです。ワクチンの接種や健康診断といったことなど健康でも病院に行くことはおおいかと思います。おやつなどを与えながら少しずつでも病院に慣らした方がいいそうです。柴犬が注意したい病気があるそうです。アトピー性皮膚炎。これは花粉、ハウスダスト、ダニなどのアレルゲンを吸入することで起こるそうです。体にかゆみが出て頻繁にかくようになったり、皮膚が赤くなったりするそうです。膝蓋骨脱臼というもので、ひざのお皿の膝蓋骨が、先天的な要因や落下事故などによって脱臼するというものだそうです。足を上げたまま歩いていたり、内股で歩くということがあるそうです。白内障もあるそうです。先天性のものだったり、加齢によるものだったりするそうです。目の中の水晶体が白く濁る病気だそうです。視野が狭くなったり、放置すると失明してしまったりするそうです。僧帽弁閉鎖不全というのがあるそうです。8歳上の老犬によくみられるそうです。完治が困難だそうです。